LanguageTranslator for Xcode 1.1を公開

拙作の LanguageTranslator for Xcode のバージョンが 1.0.1 から 1.1 になりました。

動作環境は、Xcode 12.5 以上となります。App Storeからのダウンロードはこちらからです。

新機能

  • Xcode 12.5 に対応しました。
  • 拡張機能のメニュー項目がエディタのメニューに表示されないのを修正しました。
  • 特定の記号を含む文章の変換に失敗するのを修正しました。

What’s New

  • Supported Xcode 12.5.
  • Fixed extension menu items are not displayed in the editor menu.
  • Fixed conversion of text containing certain symbols is failed.

LanguageTranslator for Xcode 1.0.1 を公開

2017年3月よりアップルのMac用AppStoreで、拙作のLanguageTranslator for Xcodeの提供を開始します。

このアプリケーションは、Xcodeソースエディタに2つの機能を追加します。

`Translate Language`の`Into Primary Language`コマンドは選択した文字列をSecondary LanguageからPrimary Languageに翻訳し置き換えます。`Into Secondary Language`コマンドはその逆です。
翻訳エンジンとしてGoogle翻訳サービスを利用しています。

Primary LanguageとSecondary Languageの設定はアプリの画面で変更できます。

動作環境は、macOS 10.12とXcode 8以降が必要となります。Mac App Storeからのダウンロードはこちらからです。

価格は無料です。

続きを読む “LanguageTranslator for Xcode 1.0.1 を公開”